全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

トライアングル脱毛の形選びと基礎情報について


デリケートゾーンのムダ毛を処理する方法としてトライアングル脱毛があります。ですが、自分でトライアングル脱毛しよう思っても、自己処理のやり方が分からない、きれいに処理できないなどと悩んでいませんか。デリケートな部位を傷つけないよう慎重に処理するのは難しいものです。そこで、トライアングル脱毛のやり方や、人気の脱毛の型にはどのような種類があるかについて紹介します。

目次
トライアングル脱毛とは
トライアングル脱毛の自己処理方法について
トライアングル脱毛の上・下の範囲ってどこまで?
トライアングル脱毛の人気の型とは?
脱毛サロンでトライアングル脱毛する場合何回通えば良いのか?

トライアングル脱毛とは

トライアングル脱毛とは、アンダーヘアの脱毛のことで、正面から見た形が逆三角形に見えることからこの名称で呼ばれるようになりました。ひとくちに逆三角形といっても、ノーマルな逆三角形から卵型まで、その脱毛の形はさまざまなパターンがあります。見た目が良くなるだけでなく、デリケートな部位を清潔に保てるというメリットもあります。アンダーゾーンの脱毛に関しては、女性の身体の中でも特にデリケートな部位であるため、どのように脱毛するか慎重に考えることが重要です。

アンダーヘアを全て剃るハイジニーナもありますが、後になって、全部剃らなければよかったと後悔する可能性も否定できません。そうならないように、アンダーヘアの脱毛は、少し毛を残しておくのが無難でしょう。トライアングル脱毛のうち、Oラインは肛門周辺の脱毛です。臭いやムレ、かゆみなどを抑える効果が期待できます。おりものの付着が気になる人にも向いています。Iライン脱毛は、Oラインよりもさらに生理のときの不快感を軽減でき、清潔に保てるのがメリットです。もっとも、全て脱毛してしまうと正面から見た際に割れ目が見えてしまうので、人によっては恥ずかしいかもしれません。

Vラインは、デリケートゾーンの両側から両足の付け根あたりの部位を指すことが多いです。もっとも、サロンによってはパーツを細かく分けているケースもあるので、呼び方や指す範囲はお店によって異なります。サロンでVライン脱毛をする場合は、仕上がりのイメージを事前にサロンに確認するようにしましょう。

トライアングル脱毛の自己処理方法について

アンダーヘアの脱毛を考えているけれど、全て剃ってツルツルにしてしまうのではなく、自然な形にしたいという人は、毛をある程度残す形で処理することになります。まず、Vラインを剃りたい場合は、パンティーライン少し内側から恥骨の上くらいまでを剃っていきます。丸めのラインが好みの場合は、上部がカーブを描く形になるように剃りましょう。Iラインを剃る場合は、正面から見たときに見える毛を少し残しIライン部分をシェーバーで全部剃ります。または、パンティーラインのやや内側に沿うような形で毛を整えましょう。

生理やおりものなどの不快感をなくしたい人や、切れ込みがはっきり入った水着を着る場合は全部剃るのもありかもしれません。ですが、自然な感じに見えるのは少し毛を残す方法です。可能であれば、Iラインに沿って細長い形に残す処理方法もあります。もし、全ての毛を剃りハイジニーナにしたい場合は、デリケートゾーンを傷つけないよう他の部位よりも慎重に処理しましょう。特に、Iラインの粘膜に近い部分は危険も伴いますので、ゆっくりと時間をかけて丁寧に処理しなければなりません。

トライアングル脱毛の上・下の範囲ってどこまで?

トライアングル脱毛において、「上」から「下」はどこからどこまでを指すのかというと、毛の生えている範囲や量は個人で差があるため明確に決まっているわけではありません。おおまかにいうと、「トライアングル上」はショーツの上からはみ出てしまう部分を指し、「トライアングル下」は、ショーツの中のデリケートゾーンに近い部分を指します。もっとも、トライアングルの上だけ脱毛しても、人によってはへその下にムダ毛が残り不自然になる場合もあります。また、トライアングルの下部分は下着を脱いだときの印象を決める重要な部分です。自分の毛の生え方や状態を見てバランスのよい形になるよう上下を意識して処理しましょう。

トライアングル脱毛の人気の型とは?

トライアングル脱毛で毛を残す場合の、人気の型を紹介します。まずは「ノーマル逆三角形」です。トライアングル脱毛の基本的な型であり、最もスタンダードな形になります。自然な形で毛を残すことができるので、違和感がありません。温泉などで裸になっても目立つ心配はないでしょう。この逆三角形には、大きさがいろいろあります。小さい逆三角形にするとより作り込んだ感じが出るので、違和感なく自然な形に見せたいという人は多少大きめに残すほうがよいでしょう。

丸い形が好みの人には、「オーバル型」が向いています。この型は通称たまご型とも呼ばれ、丸みを帯びた感じで毛が残るので柔らかい印象を与えます。この形も大きさによって印象が大きく変わってくる点に注意が必要です。丸さのあるオーバル型とは対照的なのが、「スクエア型」です。これは文字通り正面から見た形が四角形になるよう仕上げることになります。こちらも、四角形の大きさ次第で見た目の印象が変わってきます。細い四角形にするとセクシーな印象になりますが、作り込んだ感じも出てしまうので、好みの形になるようバランスに配慮することが大切です。

脱毛サロンでトライアングル脱毛する場合何回通えば良いのか?

トライアングル脱毛は、見た目をすっきりさせてくれるほか、衛生面でもメリットがある脱毛です。自己処理も可能ですが、女性の体の中でも特にデリケートな部位なので処理が難しく、黒ずんだり傷つけてしまったりする可能性が大きくなります。その点、サロンで脱毛すれば、プロの手により美しく安全に脱毛が可能です。トライアングル脱毛の場合、個人差はありますが目安として4~6回程度通うと脱毛の効果を実感できるでしょう。

ページTOPへ