全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

レーザー脱毛で毛が増える?多毛化の原因と対処法


ムダ毛処理の方法としてすっかり定着したレーザー脱毛や光脱毛。しかし、レーザー脱毛や光脱毛によって、多毛化という毛が増えて見える症状が稀に発生することがあります。ムダ毛を減らすためにレーザー脱毛を行ったにもかかわらず、毛が増えてしまうのは本末転倒です。そんな多毛化で困らないよう、多毛化のメカニズムを知って対処できるようにしましょう。

目次
多毛化の症状
多毛化の発生する原因
多毛化の発生しやすい部位
多毛化のケア方法とストラッシュの対応

多毛化の症状

多毛化とはレーザー脱毛や光脱毛を行うことによって、脱毛前よりも毛が増える、あるいは毛が増えたように見える症状のことを指します。人間の毛穴の数は決まっているので、実際には毛穴が増えて毛が増えるということはありません。何らかの原因により目立たなかった産毛が太くなったために、毛が増えたように感じてしまうのです。

多毛化の発生する原因

多毛化が発生するはっきりとした原因は、まだ解明されていません。しかし、レーザー脱毛や光脱毛の熱量によって引き起こされているのではないかと考えられています。レーザー脱毛や光脱毛で脱毛できるのは、黒い色に反応する光を毛に当て、毛根にダメージを与えているからです。このとき、毛が太く色が濃いほど熱をたくさん集め、毛根に大きなダメージを与えることができます。逆に、産毛のように細く色素も薄い毛には、熱がうまく集まらずに中途半端な刺激を与えてしまいます。

このように毛根に伝わる熱が不十分な場合、毛根はダメージを受けるどころか逆に活性化してしまう場合があります。不十分な熱量によって目立たなかった産毛の毛根が活性化してしまい、産毛が太くなることが多毛化の原因と考えられています。

多毛化の発生しやすい部位

先述したように、多毛化は産毛のような細い毛の毛根が活性化され、太くなることで発生すると考えられています。したがって、産毛が多い部位は必然的に多毛化しやすいと言えるでしょう。産毛が多い部位として、うなじ・二の腕・お腹周り・太もも・デコルテ・背中などが挙げられます。特に背中は産毛が多く生えているので、その分多毛化する確率も高くなります。多毛化する確率はそもそもそれほど高くはありません。しかし、産毛に対してレーザー脱毛や光脱毛を行うと、多毛化する確率は上がるようです。

逆に多毛化しにくい部位としては、脇・VIO・膝下などが挙げられます。これらの部位は太くて濃い毛が多く、産毛のような細い毛が少ないので、レーザー脱毛や光脱毛を行っても多毛化しにくい傾向にあります。

多毛化のケア方法とストラッシュの対応

多毛化する原因は、弱い熱量で産毛の毛根に刺激を与えてしまうことです。したがって、より強い熱量でレーザー脱毛や光脱毛をすれば、産毛が中途半端に刺激を受けて活性化することも少なくなるでしょう。ただし、熱量を増やすことで活性化する産毛が増えることも稀にあるので、2~3回試しても効果がなければ別の方法を検討する必要があります。

逆に弱い熱量で脱毛を行うことによって、産毛への刺激を減らすという方法もあります。多毛化が発生して太くなった毛は光を集めやすいため、熱量が弱くても脱毛できる可能性があります。しかし、弱めたからといって必ずしも産毛が活性化されないわけではありませんし、丈夫な毛に対しては脱毛の効果が出ない場合もあります。経過をしっかり観測し、適切な熱量に調整する必要があります。

脱毛器が出す光の波長を変えるという手もあります。脱毛器によって出す光の波長は異なり、人によっては多毛化しやすい波長というものがあるようです。そのため、脱毛器を変えて波長を変えることによって、多毛化を防ぐことが期待できます。また、脱毛を一時的に休むことで毛根への刺激が減り、元の細い産毛に戻ることもあります。レーザー脱毛や光脱毛をした後は肌に負担がかかっているので、肌のためにも休息は必要です。多毛化により脱毛を休む場合は、半年から1年ほど休んで様子を見ましょう。

ストラッシュが採用しているSHR脱毛も多毛化のケアとしては期待ができます。レーザー脱毛や光脱毛は強い光で毛根にダメージを与えるのに対して、SHR脱毛はそれらよりも弱い光で毛包と呼ばれる発毛の指令を司る部位にダメージを与えます。そのため、太くて黒い毛はもちろんのこと、レーザー脱毛や光脱毛では脱毛できなかった産毛や色素の薄い毛にも効果が出るので、産毛が活性化して多毛化するリスクが少ないです。レーザー脱毛や光脱毛により多毛化してしまった後でも、ストラッシュのSHR脱毛ならば多毛化した毛にダメージを与えつつ、さらに多毛化するリスクを下げることが期待できます。

ページTOPへ