全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

今すぐやめて!毛抜きを使ったムダ毛処理のデメリット

Pocket

ムダ毛の処理を自宅で行う手段として、毛抜きを使って抜くことが挙げられます。特別な技術も必要なく、手軽に行えるので、すでに習慣になっている場合もあるでしょう。しかし、それが肌をきれいな状態から遠ざける要因になっていることも珍しくありません。この記事では、毛抜きが具体的にどのようなリスクをもたらすのか紹介していきます。

1.ムダ毛を毛抜きで抜いて起こるトラブル

毛抜きでムダ毛を抜いていると、いろいろなトラブルが起こってしまう恐れがあります。例として、代表的なトラブルとそのリスクを以下に挙げるのでチェックしておきましょう。

1-1.埋もれ毛

毛抜きでムダ毛を抜くときに、斜めに力を入れたり強引に引き抜こうとしたりすると、途中でちぎれて皮膚の中に残ることがあります。そこからまっすぐ伸びてきて、毛穴から先端が出れば大きな問題はないでしょう。しかし、そうならずに、皮膚の中で成長する埋もれ毛という状態になるケースがあります。埋没毛と呼ばれることも多く、毛抜きで抜くときに毛穴が傷つき、かさぶたができて毛穴を塞いでしまうことが主な原因です。また、かさぶたができなくても、同様の症状になる可能性があるので油断はできません。ちぎれた部分が、毛穴の出口とは異なる方向に伸びていく現象がまれに起こるからです。

1-2.毛嚢炎

ムダ毛を抜くときに毛穴や周辺の皮膚が傷ついてしまうと、衛生面の抵抗力が弱まってしまいます。傷を通って入ってきた細菌が、毛嚢炎という感染症を引き起こすケースがあるのです。毛嚢炎は皮膚の炎症が起こっている状態であり、症状の特徴としてポツポツした白い見た目が挙げられます。白いニキビに似ていて、治ったとしても痕が残ってしまう恐れがあるので、くれぐれも慎重に扱いましょう。見つけた場合は、気になるからといって、掻いたり潰したりしてはいけません。不用意に触れて悪化させることを避け、細菌の繁殖を防ぐために肌をできるだけ清潔に保ちましょう。

1-3.色素沈着

毛抜きで抜いた部分が黒や茶色になってしまうこともリスクの一つです。これは、皮膚がムダ毛の処理でダメージを受けたことによって生じる色素沈着です。人間の皮膚は、外部からの刺激に対する自己防衛本能を持っています。ムダ毛を抜く行為は、美容にとっては当たり前のことでも、体にとっては自然なことではありません。そのため、皮膚にダメージを与えながら無理に抜いていると、その刺激から体を保護しようとする作用が働きます。紫外線から肌を守るときのように、肌の内部でメラニンがたくさん生成され、それらが活性化することで色素沈着が起こるというわけです。

1-4.出血

強引にムダ毛を抜こうとすると、毛穴から出血してしまう場合があります。「毛周期」というサイクルで毛は生え変わっており、毛が成長する期間になると毛根は多くの栄養を必要とします。この期間中、栄養を受け取るために、毛根と毛細血管との結びつきは強くなるのが一般的です。したがって、無理やり力を加えてムダ毛を抜いてしまうと、毛細血管から毛根を引きはがすことになってしまいます。その際に、血が出てしまうぐらい、毛細血管を傷つけてしまうケースもあるのです。

1-5.毛穴の開き

ムダ毛を抜くことにより、毛穴が開いた状態になってしまう恐れがあります。なぜなら、ムダ毛の先が出ている毛穴の広さよりも、ムダ毛の根元にある毛根のサイズのほうが大きいからです。このような大小関係があるため、毛根が抜き取られるときに、毛穴を外側に押し広げることになります。わずかな回数であれば影響はないかもしれませんが、習慣化するほどの頻度であれば、毛穴が常に開いた状態になりかねません。毛穴のブツブツが目立つ肌になってしまうので要注意です。

1-6.肌がたるむ

毛抜きでムダ毛を引き抜こうとすると、その部分の皮膚も強く引っ張られることになります。皮膚には弾力があるので、伸びるのはその瞬間だけで、抜き終わったら縮む力によって元通りになるのが基本です。しかし、同じ個所のムダ毛を繰り返し抜くとなると、話は大きく変わってきます。ゴムを何度も伸ばしていると緩んでくるのと同様に、肌も次第に戻る力を失っていくのです。重力に引かれて伸びるようになり、たるんでいるのが普通の状態になってしまいます。

2.どうしても毛抜で自己処理する場合は

毛抜きを使った自己処理はリスクが大きいので、できるだけ控えるのが得策です。とはいえ、友人から突然プールに誘われた場合など、急いで自分で抜かざるを得ないときもあるでしょう。自己処理をするなら、トラブルを回避するために徹底したケアを心がけることがポイントです。細菌による感染を防止するため、毛抜きは使用前にしっかり消毒しなければなりません。また、抜き終わったら、肌がダメージを受けたことを自覚して、アフターケアを欠かさないことも重要です。抜いた箇所は非常にデリケートな状態なので、炎症を抑制するために冷やす必要があります。乾燥しやすくなっているため、保湿力の高い化粧水などを用いて潤いを与えましょう。

今すぐ毛抜きをやめてツルツル肌を目指そう!

ムダ毛の処理のうち、毛抜きを使った方法は安価で手軽という魅力があります。ただし、根元からスムーズに抜けたように感じても、実は肌にダメージがかかっていることを忘れてはいけません。トラブルを起こさないで、ムダ毛がなく毛穴の目立たない肌になりたいなら、他の手段を選択するのが望ましいです。そのようなツルツルな肌を目指す人は、サロン脱毛の利用を検討してみると良いでしょう。

ページTOPへ