全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

産後の全身脱毛はいつからできる?施術できない期間のお手入れ方法も説明!


ムダ毛が気になってしまって脱毛をしたいと思っても、妊娠中だからと施術を控えている人も多いでしょう。その場合、産後に脱毛をしようと考えるかもしれませんが、具体的にいつから全身脱毛をすることができるのでしょうか。この記事では、産後の脱毛事情や施術できない期間のケア方法などについて詳しく解説していきます。

1.全身脱毛しておけばよかった!産前・産後に後悔する人が多い理由

産前・産後は「全身脱毛をしておけばよかった」と後悔する人も少なくはありません。なぜ、全身脱毛をしておけばよかったと思うのか、その理由について見ていきましょう。

1-1.ホルモンバランスの乱れで体毛が濃くなる

妊娠中に、体毛が濃くなったと感じる人は多くいます。これは、ホルモンバランスの乱れが関係しています。妊娠することで、ホルモンのバランスが急激に変化し、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌が増加するといわれているのです。女性ホルモンが増えることにより、新陳代謝が活発になって汗の量が増えたり、毛深くなったりといったトラブルが起こります。お腹や口回りなど部分的に体毛が濃くなる人もいれば、全体的に毛深くなる人もいるなど、個人差があるのが特徴です。妊娠前よりも濃い毛が目立つようになることで、妊娠前に脱毛しておけばよかったと後悔する人も少なくありません。

1-2.デリケートな部分の処置を受けなければならない

出産時にはデリケートな部分の処置を受けなければいけないことも理由のひとつでしょう。出産にどのくらいの時間がかかるのかについては個人差がありますが、基本的には分娩台の上に長時間いることになります。その際、医師や看護師にアンダーヘアを見られるのが恥ずかしいと感じる人は多いようです。

また、出産時には「会陰切開」をすることもあります。会陰切開とは、赤ちゃんの頭が大きい場合や会陰部の伸びが悪いことによって起こる会陰裂傷を防ぐための処置です。あらかじめ会陰部を切開しておくことによって、出産によって裂けるのを防ぐことができるのです。会陰切開によってできた傷は1カ月ほどでふさがれるのですが、この間は皮膚を清潔な状態にしておくことが求められます。アンダーヘアがあると蒸れやすくなるので、菌が繁殖しやすくなり炎症などが起こる可能性があります。アンダーヘアを脱毛しておくことで清潔な状態を保ちやすくなるので、傷口の炎症対策にもなるのです。

脱毛しておくことで臭いや肌トラブルを防ぐこともできます。個人差はありますが、産後1カ月程度は生理のような出血が続くこともあるのです。これを悪露(おろ)というのですが、悪露は臭いが強いのが特徴です。また、長期間ナプキンを付けなければいけないため、かぶれなどの肌トラブルを起こしやすくなっています。脱毛をしておけばかぶれや臭いなどを軽減できるため、妊娠前に全身脱毛をしておけばよかったと考える人も多くいます。

1-3.自分の時間がなかなか取れない

産後は自分の時間がなかなか取れないため、脱毛に通う時間を取りにくくなります。慣れない育児に時間を取られてしまいますし、赤ちゃんを定期的に長時間預ける場所を探すことも難しいでしょう。体力的にも低下しているため、長時間の施術をつらく感じるケースもあります。また、脱毛だけでなく、ムダ毛を自己処理するための時間すら取れないという人も少なくありません。ムダ毛が気になるけど処理できないという状態はストレスにもなるため、妊娠前に全身脱毛をしておけばよかったと後悔しやすいのです。

2.産後はいつから脱毛施術を受けられるの?

基本的に、ほとんどの脱毛サロンでは妊娠中の脱毛はもちろんのこと、授乳中の施術もできないことになっています。妊娠中や授乳中はホルモンバランスが大きく乱れているため、肌が敏感になったり痛みを感じやすくなったりといったトラブルが起こりやすいのです。脱毛効果も薄くなるため、授乳が終わっていることや産後に生理を迎えていることなどを条件にしているサロンが多くなっています。契約期間中に妊娠・出産をした場合には、契約がどうなるのか不安に思っている人も多いでしょう。多くの脱毛サロンでは、妊娠期間や授乳期間中は無料で契約期間を延長してくれるため安心です。

3.脱毛できるようになるまでの期間のお手入れ方法

産後、脱毛できるようになるまでのあいだの自己処理は、ホルモンバランスが崩れているため、肌トラブルが起きやすい環境になっている点に注意が必要です。できるだけ自己処理は控えたほうがいいでしょう。どうしても自己処理をしなければいけない場合には、肌への負担が少ない方法を選択することが重要です。カミソリなどではなく、刃が直接肌に当たらない電気シェーバーを使って丁寧にムダ毛を処理します。カミソリだけでなく、ワックスや毛抜き、家庭用脱毛器などは肌への刺激が強いので避けたほうが無難です。

後悔しないように全身脱毛は早めに始めよう!

妊娠中や授乳期間中はホルモンバランスが乱れているため、脱毛を受けることができません。ムダ毛があることで、傷口の炎症や臭いなどのリスクが高まりますし、ムダ毛が気になってしまいストレスになることも考えられます。出産時や産後に「あのとき脱毛しておけばよかった」と後悔しないために、早めに全身脱毛しておくといいでしょう。

ページTOPへ