全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

硬毛化、増毛化の原因と対策


ムダ毛を無くしたい、と始めた脱毛処理なのにかえって毛が濃く太くなってしまうのが硬毛化、増毛化とよばれる現象です。かつては目の錯覚である、とまでいわれた症状ですが、現在でははっきりと原因が特定されたわけではないものの硬毛化、増毛化のリスクを減らす方法も確立されてきました。そこで今回は硬毛化、増毛化の原因や実際に起きてしまったときの対処法などをご紹介します。

目次
硬毛化・増毛化の症状
硬毛化・増毛化の発生する原因
硬毛化・増毛化の発生しやすい部位
硬毛化・増毛化のケア方法とストラッシュの対応

硬毛化・増毛化の症状

硬毛化、増毛化とは脱毛処理によってかえって体毛が濃くなったり硬く太くなったりしてしまうことです。医学的に証明されたわけではありませんが、自宅で行なうカミソリ脱毛や光脱毛、医療用レーザー脱毛などで、このような症状がみられることが度々あります。また、脱毛処理後に体毛が増えたと感じる人も稀にいるようです。

硬毛化・増毛化の発生する原因

脱毛処理をしたにもかかわらず体毛が太く、さらに増えてしまったと感じる人は少なくありません。かつてはカミソリで脱毛をした際に剃った毛の断面が広くなることから毛が太く濃くなったと錯覚するだけである、とされていることもありました。また人の毛根から生える毛の本数は予め決められているため、毛が増えるということは考えにくいとされています。しかし、今現在一部のレーザーを使用した脱毛方法では照射のパワー不足が原因で、毛根が刺激され太く濃い体毛を生やすのではないかという説が有力となっています。

本来レーザー脱毛には、レーザーを照射することで熱エネルギーを発生させ毛根を破壊することで体毛を生えにくくする作用がありますが、なんらかの原因によって毛根に十分な熱が伝わらず発毛やメラニン色素の分泌をかえって促してしまうことがあるというのです。

硬毛化・増毛化の発生しやすい部位

硬毛化、増毛化が発生しやすいのは産毛が集中して生えていることの多い顔や首筋、肩、背中、お腹、肘上、ももといわれています。レーザー脱毛は、体毛の黒い色(メラニン色素)にレーザーを照射し熱エネルギーを発生させ、毛の根本にある毛をつくる細胞を破壊することで脱毛効果を生みます。そのため体毛が太く色が濃いほど生まれる熱エネルギーも強くなりより高い効果が発揮されるといわれています。しかし薄くて細い、いわゆる産毛とよばれる体毛にはその効果が発揮されにくく、結果熱量が不足し硬毛化、増毛化が発生しやすい状態を作ってしまうのです。家庭用光脱毛器など出力が弱い機器を使った場合に発生しやすいといわれていますが、サロンやクリニックで受けられるレーザー脱毛でも症状が現れることがあります。

脇やVIOなどは濃く太い毛が生えているため、レーザー脱毛の効果は発揮されやすく硬毛化、増毛化はされにくいといわれています。そのため、これらの箇所で硬毛化、増毛化の症状が見受けられた場合には別の原因がある可能性も考えられます。

硬毛化・増毛化のケア方法とストラッシュの対応

硬毛化、増毛化が症状として現れるのは脱毛処理をしてから1か月〜3ヶ月ほど経ったころだといわれています。これは脱毛処理をし抜けた毛のあとから硬毛化、増毛化の症状を持った毛が生えてくるためです。実際にその頃に違和感を感じたのであれば硬毛化、増毛化の疑いがあると見てよいでしょう。ここで1番してはいけないのが、カミソリなどで自己処理をしてしまうことです。硬毛化、増毛化してしまったと感じた際には、脱毛処理をしたサロンやクリニックに直接問い合わせ症状をみてもらうことが大切です。実際に該当箇所を診てもらい、なぜ症状が出たのかなどの十分なカウンセリングを経た上で、大抵の場合は再施術を行い脱毛を完了させます。

一方ストラッシュでは脱毛処理後に硬毛化、増毛化しにくい最新式のSHR脱毛を採用しており、痛みも少なく短期間で脱毛を実感することができます。産毛のような細く薄い毛にも対応しているため背中の脱毛などにも効果を発揮、レーザー脱毛とは違う方式の脱毛方法となっているため硬毛化、増毛化の予防になるだけでなく赤みの引いた日焼け肌でも安心して施術を受けることができます。

今現在、産毛を脱毛したいと考えているならそもそも硬毛化、増毛化しにくい脱毛方法を選ぶというのが良い選択といえるのではないでしょうか。

ページTOPへ