全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛のリスクを知らないと危険?脱毛による皮膚トラブルから肌を守るために


暑い季節になると気になるのがムダ毛です。きちんとしたムダ毛の処理は、ときにマナーと思われる場合もあります。ムダ毛の処理は自分でもできますが、日々のお手入れは面倒なものです。そのような際に、処理が楽になる脱毛は便利となります。しかし、いざ脱毛をする際には、脱毛のリスクが知りたいと考える人もいることでしょう。そこで、ここでは、脱毛によるリスクから肌を守るための注意点を紹介します。

目次
1.脱毛のリスクって何?
1-1.脱毛のリスクとは
1-2.硬毛化とは
2.脱毛による皮膚トラブルから肌を守ろう!
2-1.脱毛による皮膚トラブルを予防する方法
2-2.皮膚トラブルが起きてしまったときの対処法
3.お肌に優しい!ストラッシュのSHR脱毛とは?
皮膚トラブルを予防して脱毛するようにしよう!

1.脱毛のリスクって何?

サロンやクリニックでの脱毛は専門の知識や経験をもったプロによって行われます。そのため、自己処理に比べると脱毛効果や安全性が高い手段です。ただし、プロが行う施術とはいってもリスクがまったくないわけではありません。そこで、人によっては脱毛により生じることがある肌トラブルについて紹介します。

1-1.脱毛のリスクとは

脱毛は、毛が持つメラニン色素の黒い色に反応する特殊な光やレーザーを利用する方法です。光やレーザーを照射すると毛穴で発生する熱によって、毛を作る役割を持った毛根の毛母細胞を破壊し、毛の成長を抑えます。光やレーザーを当てる場所は毛穴です。しかし、毛穴はとても小さいため周囲の皮膚にも当たってしまいます。通常であれば、大きな問題にはなりませんが、皮膚が光やレーザーの熱に対して敏感に反応してしまうと、施術している最中に痛みやヒリヒリ感、熱さなどを感じてしまう場合もあるのです。

また、毛母細胞を破壊するような威力のある熱を当てるため、敏感な皮膚であれば、やけどのような水ぶくれや赤みなどの症状が出てしまうケースもあります。ほかにも、まれではありますが、施術した後になってやけどに近い症状が発症することもあり、人によってはやけど跡が残ってしまう場合もあるため注意が必要です。

1-2.硬毛化とは

本来であれば、脱毛は毛を生えにくくするために行うものです。しかし、まれではあるものの、施術することで逆に毛が硬く変化してしまう硬毛化が起きるケースもあります。硬毛化とは、施術をした後に脱毛効果を得られず残ってしまった毛が太くなってしまったり、長くなってしまったりする現象です。脱毛効果が得られにくい産毛のような細い毛が生えている箇所で発生しやすくなっています。たとえば、フェイスラインやうなじ、肩などは起こりやすい部位です。硬毛化が起きる確率は、全体の6~10%ほどといわれています。

硬毛化の原因ははっきりしていませんが、毛根に十分な刺激が与えられないことで起こるともいわれています。細胞を破壊させるほどの刺激の強さがなく、反対に細胞を活性化させ、成長を促してしまう場合があるためです。また、同じような現象として、毛が増えてしまう増毛化もリスクのひとつとなっています。

2.脱毛による皮膚トラブルから肌を守ろう!

脱毛による皮膚トラブルは、きちんとした対策を取っておくことでリスクを最小限に抑えたり、防いだりできる場合があります。そこで、ここでは、具体的な対処法について紹介します。

2-1.脱毛による皮膚トラブルを予防する方法

皮膚トラブルは、外部からの刺激に弱い敏感肌の人に起こりやすい傾向です。そのため、敏感肌の人が脱毛を受ける場合には、特にクリニック選びは重要となります。経験豊富なスタッフがいるところを選ぶだけではなく、施術前でも医師に相談できるクリニックにするとより安心です。また、実際に施術を受ける前と後のセルフケアも大事となります。施術前後の肌を最善の状態にしておくために、皮膚にダメージを与えるような日焼けは避けておくようにしましょう。また、日焼けをした肌の色は、黒い色に反応するレーザーの影響をより強めます。このため、日焼けを防ぐことはやけどのリスク予防にもつながるのです。

さらに、肌は乾燥すると熱のような外部から与えられる刺激の影響を受けやすくなるため、保湿を心がけることも大切です。加えて、肌のバリア機能が低下している脱毛直後は、生活習慣にも気を付けなければいけません。運動や入浴、飲酒などは、血管が広がり血流を促すため避けましょう。血行が良くなると肌の赤みなどの症状が悪化してしまうおそれがあります。

2-2.皮膚トラブルが起きてしまったときの対処法

きちんと対策を取っていたつもりでも皮膚トラブルが起きてしまう可能性はあります。皮膚トラブルが生じてしまった際には、放置せずに迅速に対処することが大事です。たとえば、やけどのような症状が出てしまった場合には、応急処置として流水や氷水で冷やすことも方法となります。また、適した対処法を自分で判断することが難しい場合もあるため、専門家に判断を仰ぐのも安心できる方法です。皮膚トラブルは、発生した後の処理が早ければ早いほど、悪化を防ぐことができます。そのため、できるだけ早くクリニックに相談に行き、医師の診察を受けるようにするとよいでしょう。クリニックによっては医療脱毛によるトラブルが発生した際、診察や治療、薬の処方を無料で受けられるように保障しているところもあります。

3.お肌に優しい!ストラッシュのSHR脱毛とは?

脱毛のリスクを少しでも抑えたいなら、肌に優しいストラッシュのSHR脱毛を選ぶのも方法です。IPLやSSC脱毛といった従来の脱毛方法は、光やレーザーを毛根に当てることで毛の成長を抑えます。一方、SHR脱毛は、「バルジ領域」にダメージを与えて脱毛を目指す方法です。バルジ領域とは、毛包に発毛を促す司令塔になる部分を指します。バルジ領域がダメージを受け、発毛の命令が出にくくなることで、毛の成長を抑えるのです。

SHR脱毛は、高温による強い熱で刺激を与えるのではなく、低温での連続照射であるため、痛みを感じにくくなっています。個人差はあるものの、肌に温かみを感じる程度です。さらに、皮膚に当てる熱が低いため、従来の脱毛方法で施術後に起こりやすい肌荒れや毛嚢炎、硬毛化といった症状を防ぐこともでき、やけどや肌トラブルが起こる心配もありません。また、特に、デリケートな部分は高温による刺激の影響を受けやすいものですが、低温であるためほとんど痛みを感じることなく施術を受けることができます。

皮膚トラブルを予防して脱毛するようにしよう!

皮膚トラブルを抑えて効果的に脱毛の施術を受けるためには、きちんとリスクの予防をすることが大切です。また、脱毛方法やクリニック選びも大事なポイントとなります。ムダ毛のない健康的で美しい肌を目指したいなら、脱毛をする際の肌ケアに気を付けながら、リスクの少ない施術が受けられるストラッシュを上手に利用するとよいでしょう。

ページTOPへ