全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛ワックスを使いこなすコツとは?アフターケアや注意点も押さえておこう


ワックスを用いた脱毛方法は、さまざまな部位に対して用いられています。ただし、ワックス脱毛は体に大きなダメージを与える可能性も少なくありません。手順や注意点を無視して脱毛ワックスを使うと、深刻なトラブルを招きかねないので予習しておきましょう。この記事では、ワックス脱毛のポイントやアフターケア、避けるべき肌質などを解説します。

1.ワックス脱毛は2タイプある

まず、ワックス脱毛は大きく2種類に分けられます。「ソフトワックス」タイプでは、当て布を貼り付けてワックスと一緒にはがすのが特徴です。一方、「ハードワックス」タイプではワックスそのものを固めてはがします。なお、VIOラインに用いるワックスのことをブラジリアンワックスと呼びます。

ワックス脱毛が広まった理由として、スムーズに体毛を減らせるほか、セレブの間で流行した点も挙げられるでしょう。さらに、ワックスをはがす際には古い角質も除去されます。そのことで、ピーリング効果を期待できるのも支持を受けるポイントです。特に、VIOラインの脱毛としてワックスは一般的になりました。VIOラインは水着をつける夏場には処理しても、冬場にはその必要性を感じない人が少なくありません。好きなタイミングで毛量を調整できるワックス脱毛は、VIOラインに適しているのです。

2.自宅でワックスを上手に使うコツ

セルフでも可能なワックス脱毛は、手軽な施術としても認識されています。そのかわり、間違った方法で行うと痛いだけで終わりかねません。脱毛効果はもちろん、肌へのケアまで考えて施術を行いましょう。

2-1.剥がす方向と思い切りのよさが大事

最初に、ワックスを塗るところから「流れ」を意識しましょう。ワックスの塗り方がばらつくと、肌ダメージは大きくなります。ワックスは毛の流れに合わせ、上から下に塗っていくのがコツです。

そして、ワックスが乾いたら、毛の流れとは逆方向に思い切って剥がしましょう。まるで滑らせるように、速やかな剥がし方をするのが得策です。初心者だと痛みが怖くてためらってしまうこともあるでしょう。ただ、勢いがないと毛は上手にはがれてくれません。また、毛が短いケースでも、ワックスがなじんでくれない可能性が出てきます。ワックスを使う前は自己処理を控え、最低でも体毛が1cm以上あるように調整しておきましょう。

2-2.脱毛後はアフターケアで肌をいたわる

ワックス脱毛は、どれほど慎重に行っても肌にダメージを残してしまいます。直後であれば、肌は刺激に弱くなっています。施術箇所にはなるべく触れず、腫れにはきれいなタオルやコットンをあてがいましょう。タオルやコットンはあらかじめ濡らしておき、肌を冷やすのがコツです。なお、血行が活発になるのも肌に良くありません。施術をした日は入浴を控え、シャワーだけにしておきましょう。

ワックス脱毛では、乾燥や埋もれ毛が起こりやすいのも特徴です。シャワーを浴びた後は化粧水やワセリンを施術箇所に塗り、水分を保つようにしましょう。そして、通気性のある下着を選んですごします。コットンやシルク素材の下着なら肌に優しいでしょう。

3.ワックス脱毛に注意が必要な人

脱毛ワックスを使う際には肌への負担を配慮しましょう。たとえば、脱毛したい部位にニキビやかぶれができているときは、使用を見送るのが賢明です。ワックスをはがす際に刺激して、症状が悪化する可能性があるからです。また、もともと皮膚が敏感で乾燥に弱い人もワックスを避けましょう。アトピー性皮膚炎が起こっている場合などは、ワックス脱毛は厳禁です。

そのほか、放射線治療など、肌に影響のある医療を受けている人も要注意です。ワックス脱毛の結果、副作用を招くことにつながる恐れが出てきます。そして、ワックスの原材料をチェックし、アレルギーを持っている人は絶対に使用を止めましょう。ワックスには粘り気を狙って、松ヤニなどが配合されていることもあります。かぶれる人もいる素材だけに、購入時からしっかりと原材料を把握しておきたいところです。

4.不安を感じるときは他の脱毛方法も

アレルギーがあったり、肌に関する治療を受けていたりする人は、自己判断でワックス脱毛を行わないようにしましょう。事前に医師へと相談し、安全が確認されてからワックスを使うことが重要です。また、特に肌質への不安がなくても、ワックス脱毛に危険を感じるなら無理をして踏み切らないようにしましょう。肌に優しいほかの脱毛方法へと切り替えるのが得策です。

近年では、SHR脱毛という新しい脱毛方法が発表され、肌への負担が軽減しました。すでに生えている毛だけでなく、これから生えてくる毛にアプローチして毛量を少なくする方式です。すでに一部のサロンでは実践されており、日焼けや軽度の肌トラブルのある肌に対しても柔軟に対応しています。ワックス脱毛に合わなくても、SHR脱毛ならスムーズに施せることがあります。

きれいに仕上がる脱毛方法をじっくり選ぼう!

ワックス脱毛は手軽に行えることと、ピーリング効果などから人気を博している方式です。一方で、肌トラブルの原因になるリスクも抱えています。また、痛みに弱い人も積極的に行いたいとは思わないでしょう。安全に脱毛を進めるなら、SHR脱毛がおすすめです。SHR脱毛を導入しているサロンに相談して、自分に合った方法で施術を進めていきましょう。

ページTOPへ