全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛後どれくらいで毛が抜けるのか?脱毛の仕組みやケア方法を紹介!


脱毛をしたいけれども、いつ毛が抜けるのかわからずに悩んではいませんか。脱毛の仕組みをしっかりと理解することで、効果的な脱毛をすることができます。脱毛と一口にいってもさまざまな方法がありますので、それぞれの仕組みについて見ていきましょう。また、併せて脱毛後のケア方法や注意点、おすすめの脱毛方法などについても紹介します。

1.脱毛の仕組み

脱毛の仕組みは、脱毛方法によって異なります。色々な脱毛の仕組みについて解説していきます。

1-1.ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、その名の通りニードル、いわゆる針を使っておこなわれる脱毛方法です。針を毛穴一つ一つに刺して、微弱な電流を流します。それによって毛根に電気の熱を与えて毛乳頭を破壊することができるので、ムダ毛が生えなくなるのです。ニードル脱毛は医療脱毛の1種で、永久脱毛を実現することができます。ニードル脱毛の大きな特徴が、すぐに毛が抜けることでしょう。施術すればその場ですぐに毛がスッと抜けるため、即効性が高いことがメリットです。

1-2.光脱毛

光脱毛は、エステサロンでおこなわれることの多い脱毛方法で、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。フラッシュ脱毛は、黒いメラニンに反応する光を照射することによって毛乳頭にダメージを与える施術方法です。毛乳頭を弱らせることで、毛周期の成長期に当たる毛をなくしていくことができます。光脱毛は医療行為ではないため、サロンなどでも施術を受けることができるのが特徴でしょう。光脱毛は施術箇所にもよりますが、早くて1週間程度、遅くとも3週間ぐらいで毛が抜けていきます。

1-3.レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療脱毛の1種で、施術するためには国家資格が必要になります。そのため、美容外科やクリニックなどでおこなわれる脱毛方法で、医療レーザー脱毛とも呼ばれています。基本的な仕組みは光脱毛と同じで、黒いメラニンに反応するレーザーを照射することによって、脱毛をおこなっていきます。しかし、光脱毛よりも出力が高いため、毛乳頭を破壊できるのが特徴です。こちらも施術箇所によってことなりますが、1~2週間程度で毛が抜けていきます。

1-4.蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛は、光脱毛などのように栄養を受け取る器官ではなく、栄養を送る指令を出している器官にダメージを与える脱毛方法です。発毛を促す指令、つまり「発毛因子」を送り出している「バルジ領域」にダメージを与えることによって、毛を作る行為を阻害することができます。そのため、毛質が変化したり毛量が減っていったりして、最終的に毛が生えてこないようになるのです。蓄熱式脱毛は、毛が抜けるというより毛が生えるスピードを遅らせるといったイメージなので、毛が抜けるには2週間から1カ月程度かかります。

2.脱毛後のケア方法と注意点

脱毛後は、肌トラブルが起こりやすくなっています。そのため、しっかりとアフターケアをすることが重要なのです。どのようなアフターケアをすればいいのか、生活する上での注意点は何かといったことについて見ていきましょう。

2-1.肌のケア方法

脱毛後の肌は、軽いやけど状態になっています。施術後に炎症やほてりといった症状が治まらないようなら、軟膏を塗ったり冷たいタオルなどでしっかりと肌を冷やすようにしましょう。また、脱毛後は照射した光によって肌が乾燥しやすくなっています。肌が乾燥していると脱毛の効果が薄れてしまいますし、肌トラブルも起こりやすくなるので、保湿クリームやローションなどで保湿することが大切です。

2-2.ムダ毛処理の注意点

脱毛後しばらくするとムダ毛が生えてきますが、脱毛中に自己処理をおこなってもいいのかどうか、悩んでいる人も多いでしょう。次の施術までムダ毛が気になるようであれば自己処理しても構いません。しかし、毛抜きやワックスなどの使用は控えましょう。毛根から毛を引き抜くような自己処理をしてしまうと毛周期が不規則になってしまいます。次回の脱毛施術で効果が薄くなるといったトラブルになるので、毛周期を乱れさせるような自己処理はやめましょう。また、肌へのダメージが少ない方法でムダ毛処理をすることが重要です。自己処理したいのなら、肌への負担が少ない電気シェーバーを利用するといいでしょう。

2-3.生活での注意点

施術前や施術後は、血の巡りがよくなったり体が熱くなったりする行為をしないように注意しましょう。たとえば、入浴や運動、マッサージ、飲酒などがこれに当たります。血の巡りがよくなると、肌の赤みやブツブツ、ヒリヒリとした痛みや痒みの原因になってしまうのです。特に飲酒すると水分が奪われて肌が乾燥状態になってしまうので、脱毛後に飲み会などに出るのはやめましょう。また、脱毛後は肌のバリア機能が衰えているため、予防接種を受けると肌荒れの原因になる可能性があります。脱毛後10日程度は予防接種を控えましょう。

3.おすすめの脱毛法

おすすめの脱毛方法として挙げられるのは、SHR脱毛です。SHR脱毛は蓄熱式脱毛で、低温での連続照射が特徴です。そのため、従来の脱毛方法よりも痛みが少なく、肌トラブルも起こりにくくなっています。脱毛期間が短いのもメリットでしょう。毛周期に合わせて施術する必要がないので、最短6カ月程度で施術が完了します。また、ほかの脱毛方法とは違い、うぶ毛や日焼けした肌、ほくろやシミのある肌であっても、脱毛を受けることが可能です。

脱毛ので毛が抜ける期間や仕組みを理解して後悔のない脱毛をしよう

脱毛方法にはさまざまな種類があります。脱毛方法によって毛が抜ける仕組みや期間は変わってくるのです。後悔のない脱毛をするためには、それぞれの仕組みを理解して、自分に合った脱毛方法を見つけましょう。また、脱毛後の肌はデリケートなのでしっかりとケアをして、肌トラブルを防ぐことも大切です。脱毛するのなら、肌への負担が少ないSHR脱毛がおすすめですから、検討してみてはどうでしょうか。

ページTOPへ