全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛後にお風呂はだめ?入ってはいけない理由と適切なケアを知ろう!


1日の疲れを取るためにはお風呂に浸かることが効果的です。しかし、クリニックやサロンによると、脱毛した当日はお風呂に入ってはいけないといわれています。脱毛後の肌はとてもデリケートな状態なので、思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。こちらの記事では、脱毛後にお風呂に入ってはいけないとされる理由や、入浴のポイント、脱毛後の適切な肌ケアについて解説します。

1. 脱毛後にお風呂に入るのがだめな理由

さっそく、脱毛後にお風呂に入るのがだめとされる理由を見ていきましょう。

1-1.肌を温めてしまうから

脱毛を行うと皮膚はいつもよりデリケートな状態になってしまいます。レーザーなどの熱で細胞を壊して脱毛する場合、肌は軽いやけど状態になっているのです。そのため、クリニックやサロンでは施術後に肌を冷やしてクールダウンさせてくれる工程があります。特に肌に痛みを感じることもなく、見た目にも変化が感じられない場合などは、脱毛当日にお風呂に入っても問題ないと思う人も多いでしょう。

しかし、クールダウンで肌の炎症を一時的に抑えても、入浴して体温を上げてしまうと肌に炎症やかゆみが出ることがあるので注意が必要です。ひどいときには脱毛した箇所が赤くなって腫れ上がったり、他の肌トラブルを引き起こしたりすることもあります。トラブルを避けるためにも脱毛当日の入浴は避けるようにしましょう。

1-2. 肌が乾燥してしまうから

脱毛後にお風呂に浸かることのデメリットとしては、肌がとても乾燥しやすい状態になることが挙げられます。お湯に浸かるため一見肌は潤うと感じるかもしれませんが、実は肌の内側にある皮脂膜がお湯によって洗い流されてしまうのです。皮脂膜には肌の水分が過剰に蒸発しないよう調整する働きがあり、皮脂膜が失われることによって肌の水分が蒸発しやすくなります。皮脂は水に溶けやすい性質を持っているため、お湯に浸かっているだけで簡単に洗い流されてしまうでしょう。

特に、日頃から乾燥肌気味の人は炎症を起こしやすく、かゆみや肌トラブルの原因になります。いつもは問題ないとしても、脱毛直後の肌はとてもデリケートなためちょっとした乾燥にも気をつけましょう。

脱毛後はいつからお風呂に入れる?

ここでは、脱毛後いつからお風呂に入れるのかについて解説します。

2-1. 脱毛した当日はシャワーのみ

特に汗を大量にかく夏に脱毛した場合は、施術後でもお風呂に入りたいものです。NGとされるのは湯船に浸かることなので、施術当日でもシャワーのみならば問題ありません。ただし、このときに気をつけたいのがシャワーの温度や洗い方です。シャワーを浴びるときには、温度設定を低めにすることがポイントです。肌体温を上げないようにするためにも、脱毛当日はぬるめのお湯で我慢しましょう。また、肌を洗うときには、肌に刺激を与えないようきめ細かな泡でやさしくなでるようにします。

ボディタオルなどで強くこすると、肌の潤い成分であるセラミドも一緒に洗い流してしまう可能性があります。肌を温めすぎないように、できるだけ短時間でシャワーを終えるようにしましょう。

2-2. 脱毛した翌日からお風呂に入れる

一般的には、脱毛した翌日から入浴可能とするクリニックやサロンが多く見られます。しかし、クリニックやサロンによって指示内容が異なる場合もあるので、しっかりと話を聞いておきましょう。脱毛当日には肌に異常が見られなくても、まれに翌日以降に炎症やかゆみなどの症状が出る人もいます。肌が弱い人や施術後の肌の状態によっては、しばらくの間入浴を控えておくと安心です。翌日入浴する場合は、施術当日同様ぬるめのシャワーからスタートし少しずつ温度を上げていきましょう。肌の状態を見ながら少しずつ慣らし、大丈夫そうであれば湯船に浸かるようにします。

3. 脱毛当日の適切なケアを紹介!

脱毛当日には、脱毛した箇所にしっかりと保湿ケアを行います。保湿アイテムは、保湿効果が高く肌への刺激が少ないものが効果的です。使用するクリームなどについては施術を行ったクリニックやサロンの指導に従うようにしましょう。また、施術後の肌はとても敏感になっているため、いつもより紫外線の影響を受けやすい状態になっています。日焼けによってメラニン色素が増えてしまうと、施術箇所がやけどのような状態になる可能性もあります。

さらには紫外線がシミの原因ともなるので、外出する際にはいつも以上に十分な日焼け対策をしましょう。長袖や長いズボンを着用したり、つば広の帽子をかぶったりなど日常生活でなるべく紫外線に当たらないように気をつける必要があります。

4. 脱毛したら気をつけたいこととは?

脱毛後は肌に負担となる衣服は避け、なるべく刺激のない素材を選ぶようにしましょう。足の脱毛を行った場合は、タイツやストッキングなどの着用を避ける必要があります。施術後は入浴と同様に、お酒を飲んだり激しい運動をしたりなどの血行を促進する行動は控えることが大切です。血行が良くなることで炎症やかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。薬を服用している人は、脱毛を行ったクリニックやサロンで薬の服用について確認しておく必要があります。

さらに、施術後に肌トラブルがある場合には予防接種を控えましょう。予防接種を受けた場合は、その後2週間ほど脱毛をしないでおくと安心です。他にも、脱毛直後のプールやサウナを避ける、ムダ毛の処理を行うなら毛抜きや脱毛ワックスなど刺激の強い方法は避けるなど気をつけたい点がいくつかあります。

ページTOPへ