全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛機器にはどんな種類があるの?それぞれの効果や特徴を徹底解説!

Pocket

カミソリや毛抜きなどでムダ毛の自己処理を行うと、肌に大きな負担がかかってしまいます。一方で、市販の脱毛機器を使えば、クリニックやサロンでおこなっているのと同じように、安全性と効果の高い脱毛が可能となります。ただ、決して安い買い物ではないので、購入前の下調べが必須です。この記事ではその参考となるように、脱毛方式の種類やそれぞれの特徴などについて詳しく解説していきます。

1.脱毛機器で自己処理するメリット

美容意識の高まりによって、現代ではムダ毛を処理するのにクリニックやサロンを利用する人が増えてきました。しかし、そのためにはあらかじめ予約をしたうえで、決められた時間に出向く必要があります。もし、クリニックやサロンが自宅から遠い場所にある場合は手間がかかりますし、たとえ近くにあっても仕事や用事などの都合で決められた時間に通うのは難しいという人も少なくないはずです。その点、市販の脱毛機器を用いれば自分の都合に合わせて好きな時間に脱毛ができるというメリットがあります。

また、コスト面においても脱毛機器による自己処理は魅力的です。クリニックやサロンに通うと、当然のことながら、通う回数が増えれば増えるほどコストがかさみます。そして、全身脱毛を行う場合はかなりの回数通わなくてはならないのです。一方、自己処理なら最初脱毛機器を買うのにお金が必要ですが、一度購入してしまえばそれ以後のコストはほとんどかかりません。したがって、特に全身脱毛を行う場合は自己処理のほうがコスト面で有利だといえます。

さらに、手足などの脱毛だけならよいのですが、全身脱毛となるとデリケートな部位も人目にさらす必要がでてきます。それが恥ずかしいという人も多いのではないでしょうか。脱毛機器による自己処理なら、一人で行うのでその心配は不要です。

2.脱毛機器の種類

市販の脱毛機器にはさまざまな処理方式があります。代表的なものを挙げるとすれば、フラッシュ式、レーザー式、バルジ式といったところです。そして、それぞれムダ毛の処理に対するアプローチが異なります。そこで、購入の際の参考になるように、方式ごとのメリットやデメリットなどについて解説をしていきます。

2-1.【フラッシュ式】痛みが少なく広範囲の脱毛ができる

家庭用脱毛機器の中で最も一般的で、普及台数も多いのがフラッシュ方式です。これは脱毛サロンで使用されているものと同じ方式であり、IPL(インテンスパルスライト)という光を照射することで脱毛を促してくれます。この光は大きく広がっていく特徴があるため、狙いを外す心配がないうえに、一度に広範囲の脱毛が可能です。また、痛みや肌への刺激がほとんどないので、家庭でも安心して使用することができます。ちなみに、IPLは肌トラブルの治療に用いられていることでも知られています。したがって、フラッシュ方式の脱毛機器を用いていると美肌になる可能性もあるわけです。これも他の方式にはないメリットの一つだといえます。

2-2.【レーザー式】照射範囲は狭いが剛毛に効果的

さまざまな脱毛方式の中でも最も高い効果が期待できるのがレーザー方式です。ちなみに、レーザー方式とはクリニックでの脱毛で用いられているものと同じで、黒い色だけに反応する波長の光を照射することで、毛母細胞を熱して破壊します。そして、破壊された毛母細胞は2度と復活することはないので、効率的に脱毛ができるというわけです。もちろん、安全性に考慮して、家庭用はクリニックで使用している医療レーザーよりは出力を弱くしていますが、それでも他の方式と比べるとその効果は絶大です。

ただ、レーザー方式には照射時にかなりの痛みを感じるという問題があります。いくら出力が弱いとはいえ、フラッシュ方式と比べるとやや痛みが強くなってしまうのです。それから、レーザーはほとんど拡散することなく、まっすぐに進むという性質を有しています。つまり、一点を集中的に照射するため、高い効果が期待できる反面、一度に処理できる範囲が限られてしまうのです。その分、手間がかかりますし、背中などの直接見えない部位にピンポイントで照射するのは困難です。その代わり、フラッシュ方式ではなかなか効果の出づらい剛毛などに対しても強い作用を与えられるというメリットがあります。

2-3.【バルジ式】産毛や金髪にも反応する最新式

現時点における最新の脱毛方式といえるのがバルジ式です。脱毛サロンではSHR脱毛という名でも呼ばれているこの方式の特徴は、毛根ではなく、バルジ領域に熱を加えて破壊する点にあります。バルジ領域には「色素幹細胞」と「毛包幹細胞」の2つを内包しており、それらが毛根に毛を生やすように司令を出しています。つまり、この領域を破壊すれば司令塔を失い、発毛が抑制されるというわけです。しかも、黒い色に反応するわけではないため、従来の方式では危険だった日焼けした肌やホクロへの照射も安心してできるというメリットがあります。

3.購入前によく検討するべき注意点とは

家庭用脱毛機器の使用には多くのメリットがある反面、注意すべき点も存在します。たとえば、市販の脱毛機器は出力が弱くて安全性は高いのですが、ヤケドを含めたトラブルの可能性はゼロではないという点です。仮に、そのトラブルがクリニックやサロンで起きたものなら、相手の責任を問えるかもしれませんが、自宅処理の場合はすべて自己責任です。それに、自分で脱毛機器を扱う場合、慣れるまでには結構な時間がかかります。その間に面倒だと感じてしまい、途中でやめてしまうと、脱毛機器の購入費が丸損になってしまいます。

また、きれいに脱毛をするにはそれなりのコツが必要です。特に、背中やVIOなどの脱毛しにくい場所を適当にやってしまうとムラが出やすくなってしまいます。それになんといっても最大の問題はコストです。脱毛機器は手ごろな値段のものもある一方で、高性能のものを求めるとかなり高価になってしまいます。そのため、コスパについては慎重な検討が不可欠です。

脱毛機器を使うなら根気よくムダ毛と付き合う覚悟を!

市販の脱毛機器によるムダ毛処理にはメリットもデメリットも存在します。それを踏まえて考えると、脱毛機器の購入が向いているのは、こまめな作業が苦にならず、肌トラブルが起きても冷静に対応できる人だといえます。一方、手っ取り早く効果を得たいのなら、プロに任せたほうがよいかもしれません。ストラッシュでは無料カウンセリングもおこなっているので、まずは脱毛について気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ