全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛直後の肌の赤みについて


サロンなどで脱毛施術を受けた後、肌に赤みが生じる事があります。綺麗な肌を目指して施術を受けたにも関わらず、肌トラブルが起こるのは不安に感じるものです。ただ施術後に肌が赤くなるのは自然な事で、特に心配する必要はありません。今回は施術直後の赤みの症状や原因、発生しやすい部位、赤みの対策方法などについて調べてみました。

目次
施術直後の赤みの症状
施術直後の赤みの発生する原因
施術直後の赤みの発生しやすい部位
施術直後の赤みのケア方法とストラッシュの対応

施術直後の赤みの症状

施術直後に肌に見られる赤みの症状は、いわゆる日焼けと同様に軽度の炎症が起こっているサインです。症状は個人差があり、毛穴がポツポツと赤くなっている程度の人もいれば、肌全体が赤くなってしまう人もいます。症状が軽いほど落ち着くまでの期間も短く、例えば毛穴が赤くなっているぐらいであれば数日で治まります。敏感肌や乾燥肌の人は症状が重く出やすい傾向にありますが、基本的には1週間ぐらいで症状は改善されます。もし1週間以上続けば、肌が火傷している事も考えられます。肌への色素沈着を避けるためにも、早めに施術を受けたサロンやクリニックに相談に行く事が賢明です。

施術直後の赤みの発生する原因

毛嚢炎が発生する原因として考えられるのが、「毛の処理」でしょう。人間の肌には常在菌がたくさんいて、常に活動をしています。通常は、肌のバリア機能によって菌が毛穴に入り込まないようになっています。しかし、毛の処理をすることによって肌がダメージを受けてしまうのです。肌ダメージによってバリア機能が弱くなり、菌が毛穴に入り込みやすい状態になって、毛嚢炎を引きおこしてしまいます。カミソリなどでの除毛、毛抜きなどで毛を抜く行為だけでなく、サロンなどでの脱毛も原因だといわれています。脱毛は毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようにする施術ですから、どうしても毛包や肌にダメージが残ってしまうのです。そのため、毛嚢炎のリスクを避けることは難しくなっています。

また、毛の処理だけでなく「乾燥」によっても毛嚢炎が引き起こされます。肌が乾燥することで、バリア機能が弱まりますから、菌が入りやすい状況を作り出してしまうのです。免疫力の低下も原因になりますので、注意しましょう。紫外線やストレスによって肌の免疫力が下がってしまうことも多いので、対策を取っておくと安心です。

施術直後の赤みの発生しやすい部位

施術を受ける部位によって赤みの発生しやすさも異なります。例えば顔は他の部位に比べても皮膚が薄くデリケートなので、肌への負担もかかりやすくなります。顔は衣服で隠す事も出来ないため、赤みが発生すると特に気になるかもしれません。またフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素が濃いほど反応が強くなります。つまり黒々とした毛が密集しているデリケートゾーンは、脱毛時にも熱がこもりやすく強い痛みを生じます。VIO脱毛の施術中は痛みを伴い、施術後は肌の表面に影響が出て赤みが発生するようになるのです。毛が密集している部位と言えばワキの下も同じで、毛が濃い人ほど脱毛のダメージを受けやすくなります。またムダ毛が太く濃くなくても、すねなど肌が乾燥しやすい部位は赤みが目立つようになります。

施術直後の赤みのケア方法とストラッシュの対応

施術直後の赤みを抑えるには冷却と保湿が欠かせません。脱毛後は毛根に高熱でダメージを与えているので肌が火照り、水分が失われて乾燥している状態です。火傷をすると冷やすのが当たり前ですが、肌が火照っている時も落ち着くまでしっかり冷やすようにします。ちなみに冷却はヒリヒリとした痛みを抑えるのにも効果的です。そして肌の乾燥を補うためにも、しっかりと保湿を行います。乾燥した状態のままだと痒みが生じ、さらに肌荒れにも繋がります。高価なアイテムを使う必要はなく、肌にたっぷりの水分を含ませておくと肌トラブルが悪化する事もありません。

脱毛サロンのストラッシュでは、SHR脱毛にて施術を行っています。SHR脱毛はメラニン色素をターゲットにしておらず、毛包に反応させるので肌表面に毛がない状態での脱毛も可能となります。産毛までしっかり脱毛出来るので脱毛完了までの時間も短くなります。さらに施術時は20℃の低熱の連続照射なので、肌に温かみを感じる程度で、痛みを感じる事はほとんどありません。肌へのダメージも少ないので脱毛後の赤みやヒリヒリ感も気にならなくなるメリットもあります。

ページTOPへ