飲酒が脱毛に与える影響を知りたい!脱毛前後に飲み会に参加しても大丈夫?

Pocket

これから脱毛をしたいと考えている人のなかには、飲酒が脱毛に与える影響について知りたい人もいるでしょう。「前日お酒を飲んでしまったけど、今日脱毛サロンに行っても大丈夫かな」と疑問に思っている人もいるかもしれません。脱毛サロンでは、施術前に飲酒をした人の施術を断るのが一般的です。それはなぜなのでしょうか。この記事では飲酒が脱毛に与える影響について紹介します。

1.脱毛する前後に飲酒してはいけないの?

この段落では、脱毛前後の飲酒によって起きやすい肌トラブルや脱毛への影響について解説します。

1-1.脱毛するときの飲酒制限

脱毛サロンにおいては、脱毛前後にしてはいけないこと・気を付けなければならないことのルールを決めています。そのなかに必ずある項目のひとつが「脱毛前後の飲酒」です。その理由は、飲酒量がたとえわずかでも肌トラブルを起こすことがあるからです。飲酒禁止の時間は施術前後12時間が多く、サロンによっては24時間にしています。

あらかじめ脱毛サロンのルールをチェックしておき、その時間帯にお酒を飲まないことが大切です。12時間と決まっているなら、施術前後の飲み会などは断るようにして、たとえ飲み会に参加してもノンアルコール飲料を飲むなど工夫をしましょう。

1-2.なぜ飲酒は脱毛に悪影響が出るのか?

飲酒が脱毛に悪影響を与える主な理由は2つあります。まず、アルコールを摂取することにより血行がよくなることです。この作用によって飲酒をすると体温が上がり、肌に赤みやかゆみが出やすくなってしまう状態になります。このようなデリケートな状態のときに脱毛をすると、肌に負担を与えてしまい、トラブルにつながる可能性があるのです。普段から肌に赤みやかゆみを感じやすい人は、特に注意が必要です。脱毛前後にアルコールを摂取すると、肌に負担を感じやすくなります。

もうひとつの理由は、飲酒によって体の水分量が減ってしまうことです。水分量が減少すると、肌の乾燥を引き起こします。乾燥した肌はバリア機能が低下して刺激に敏感になっている状態です。また、肌が乾燥すると皮膚が硬くなるので、脱毛機器から照射される光やレーザーが毛根まで十分に届きにくくなってしまいます。

1-3.自己処理でも飲酒は控える必要がある?

ワックスやクリームを用いた脱毛でも、脱毛サロンにおいてと同じように前後の飲酒を控えるべきです。このようなセルフケアは肌への負担が少ないから大丈夫、と思う人もいるかもしれません。しかし、飲酒による肌トラブルのリスクは脱毛サロンにおける光脱毛・レーザー脱毛などと同じです。アルコールの摂取によって体温が上昇し、赤み・かゆみを発生しやすくなります。また、乾燥によって肌がデリケートな状態となり、セルフケアが肌にダメージを与えることもあります。肌トラブルを防ぐためには、脱毛の種類や方法を問わず、少なくとも脱毛前後12時間以内の飲酒を控えましょう。

2.脱毛前後に飲み会に誘われたときはどうする?

脱毛前後のお酒はNGですが、そのようなタイミングで飲み会に誘われてしまうこともあります。ここでは、脱毛前後に飲み会に誘われたときの上手な対処法について紹介します。

2-1.脱毛前後に飲み会に誘われたときの対処法

最もシンプルな対処法は、飲み会への参加を断る・あきらめるということです。しかし、どうしても参加しなければならない飲み会もあります。そのようなときは、お酒の代わりにノンアルコール飲料を注文しましょう。ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルはたいていのお店にあります。

お酒を飲むことを強く勧められて、どうしても断れない場合は、できるだけアルコールの摂取量を少なくします。度数の高いお酒は避け、一口だけビールに口をつけたり、薄くお酒を割って飲むなど工夫をしましょう。お酒を控えながら水をたくさん飲むようにすると、アルコールの摂取量を減らし、体の外に早く出すのに効果的です。

2-2.飲酒をして肌トラブルがでたときの対処法

最もシンプルな対処法は、飲み会への参加を断る・あきらめるということです。しかし、どうしても参加しなければならない飲み会もあります。そのようなときは、お酒の代わりにノンアルコール飲料を注文しましょう。ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルはたいていのお店にあります。

お酒を飲むことを強く勧められて、どうしても断れない場合は、できるだけアルコールの摂取量を少なくします。度数の高いお酒は避け、一口だけビールに口をつけたり、薄くお酒を割って飲むなど工夫をしましょう。お酒を控えながら水をたくさん飲むようにすると、アルコールの摂取量を減らし、体の外に早く出すのに効果的です。

飲酒を控えて脱毛をするようにしよう!

脱毛サロンでは、施術前後の飲酒を控えるルールになっています。赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こすリスクがあるからです。施術前後で飲酒が原因と思われる肌トラブルがあれば、適切に対処しましょう。施術前なら脱毛サロンに相談し、施術後なら軟膏を塗る・冷却するなどの対策をします。ストラッシュなどの脱毛サロンへ行くときや自身で脱毛をするときは、飲酒を控えましょう。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン