全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛は箇所によって痛みが違う?脱毛の痛みについて

Pocket

脱毛はしてみたいけれど、痛みが不安という方は多いのではないでしょうか。痛みといっても、施術する箇所や体質、肌の状態などによって程度は異なるもの。実際に脱毛する場合はどのくらい痛むのか、想定して挑みたいですね。今回は脱毛の痛みについて詳しくお伝えします。

脱毛は「痛み」を伴うって本当?

Hair removal cosmetology procedure from a therapist at cosmetic beauty spa clinic.

脱毛を行う場合は、少なからず痛みが伴います。痛みの感じ方には個人差があるため、その程度を表すのは難しいところですが、施術の内容によって痛みの度合いが異なるのは事実です。

例えば、脱毛サロンで行われる脱毛と医療機関で行われる脱毛だと、医療機関での施術のほうが痛みを感じやすいとされています。医師のみが強いレーザーを用いての施術が認められているため、より効果を感じやすいものの、痛みは強くなるようです。

一方、サロンでの脱毛に使用する機器は医療脱毛より出力が低いため、医師以外でも施術が可能となっており、効果はおだやかですが、その分痛みも控えめとなっています。一般的には、医療脱毛は輪ゴムで弾かれる程度の痛み、サロンはチクッとする程度の痛みと言われています。

脱毛で痛みを感じる仕組みとは

portrait of attractive asian woman isolated on blue background

脱毛で痛みを感じる理由は、熱で毛根部分を破壊するから。そのパワーが強いほど、痛みも強くなります。医療脱毛で永久的な効果を期待できるのは、強力なレーザーで毛根を破壊するためですが、その代償として強い痛みも伴います。

脱毛をするなら毛根を破壊する必要がありますが、過度にレベルを上げて照射すると、肌が火傷状態になりダメージを負ってしまいます。そのため、サロンでは肌への負担やトラブルのリスクを考慮して、強すぎる施術は控えています。

サロンではレベルを抑えているため、1回の脱毛で得られる結果には限りがあります。回数を重ねて施術することで、肌トラブルを防ぎながら、理想的な脱毛を実現できます。

脱毛時に「痛い」と感じやすい箇所とは

Woman thinking

脱毛は、施術する箇所によって痛みの程度が異なります。どの箇所が痛みを感じやすいのか考えてみましょう。

痛みを感じやすいのは、下記のような箇所だとされています。

  • 毛が太い箇所
  • 濃い毛が密集している箇所
  • 肌がデリケートな箇所
  • 脂肪が少ない箇所

上記に当てはまる箇所は、施術時に痛みを感じやすいようです。ここからは、部位ごとに想定される痛みについて考えてみましょう。

ワキ

ワキは人気の高い脱毛箇所ですが、痛みの強い箇所でもあります。ワキの毛は他の箇所と比べると濃く太いため、痛みも強くなる傾向があります。

他の部位よりも皮膚がデリケートな顔は、痛みも強く感じやすいでしょう。とくに、鼻の下やあご、口周りなどに痛みを感じる人が多いようです。

VIO

デリケートゾーンであるVIOは、脱毛時に痛みを訴える人が多い箇所として知られています。デリケートな皮膚に太く濃い毛が密集しているため、強い痛みを感じやすいでしょう。

脚は範囲が広いため、箇所によって痛みの感じ方が異なるようです。脂肪が少ない足の甲やひざ下などは、痛みを感じやすいでしょう。

他の箇所よりも痛みを感じにくいとされるパーツです。脱毛初心者の方でも比較的チャレンジしやすい箇所だと言えるでしょう。

脱毛が「痛い」と感じる人と感じない人の特徴

attractive asian woman beauty image

脱毛の感想をみると、激しい痛みを感じる人もいれば、そこまで感じなかったという人も。同じ箇所、同じ施術内容であっても感じ方はさまざまなようです。では、なぜ人によって痛みの感じ方が異なるのでしょうか。痛いと感じやすい人、感じにくい人、それぞれの特徴をみてみましょう。

痛みを感じやすい人の特徴

  • 毛が濃い人
    レーザー脱毛の場合、黒いメラニン色素に反応するため、毛が太く濃い人ほど、薄い人よりも痛みを感じやすい傾向があります。
  • 日焼けしている人
    もともと肌の色が暗めの人や、日焼けをしている人も、痛みを感じやすいでしょう。レーザー脱毛では、黒いメラニン色素に反応する性質から、肌色が暗い部分で痛みを覚えやすくなります。
  • 肌が乾燥している人
    肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下しやすくなり、刺激に対して過敏になります。
  • 生理前後に施術する人
    肌が敏感になりやすい生理前後は、脱毛による痛みを感じやすい時期でもあります。

痛みを感じにくい人の特徴

  • 毛が薄い人
    毛が薄い人は比較的、脱毛時の痛みを感じにくいようです。しかし、毛が密集している箇所では痛みを感じやすいなど、パーツによって痛みの度合いが異なるでしょう。
  • 毛の少ない箇所、脂肪の多い箇所を施術する人
    毛の少ない箇所は、脱毛による痛みを感じにくいでしょう。また、脂肪の多い箇所を脱毛する場合も、それほど強い痛みを伴わずに施術できるようです。

脱毛が「痛い」ときの対処法について

Young woman giving advice

できることなら避けたい脱毛の痛み。サロンやクリニック側でも快適な施術を実現するために、さまざまな対処法を実践・提案しています。

サロン・医療機関で行われる痛みの対処法

医療機関で脱毛をする場合は、クリームタイプの麻酔を用いた施術が可能なので、痛みが心配な方にはうれしい対処法と言えるでしょう。サロンでは麻酔クリームを使うことは出来ませんが、冷感ジェルで熱を吸収させることで痛みを軽減する方法が採用されています。

もしくは、出力を弱めてもらうのもひとつの手。出力が強いと脱毛効果は高まりますが、痛みも強くなってしまいます。出力を下げてもらい、我慢できる程度の痛みに抑える工夫も取り入れたいですね。

また、痛みをほとんど感じないSHR脱毛を導入しているサロンもあります。肌に温かみを感じる程度で施術でき、肌への負担も少ないので、痛みが懸念される場合は、SHR脱毛という選択肢も覚えておくとよいでしょう。

自分でできる痛みの対処法

自分で痛みを対処するなら、日頃の保湿は欠かせません。肌を乾燥させないように、脱毛する箇所をしっかりと保湿しておきましょう。また、カフェインは神経を過敏にするため、施術当日は摂取を控えることをおすすめします。

また、サロンやクリニックの担当者に相談し、施術に対する不安を取り除くことも大切です。鎮静剤の投与や出力の調整などの対処法を提案してもらえるので、不安をクリアにして施術に臨みましょう。

脱毛の施術が痛すぎる場合は相談を!

gynecological care image

施術が始まってから痛みを感じても、相談しにくいかもしれません。しかし、痛すぎる場合は、施術中でもはっきりと伝えましょう。脱毛は継続的に行う必要があるため、無理してしまうと続けにくくなってしまいます。

なお、一度強い痛みを感じたからといって、次回も同様の痛みを感じるとは限りません。たまたま肌が痛みを感じやすい状態だった可能性もありますし、一般的に施術を継続することで不安や不満を感じ痛みは軽減されていきます。少しでも快適な脱毛を実現するためにも、たときはスタッフに相談したいですね。

脱毛の痛みを無理しないこと

Este

脱毛による痛みを避けるのは難しいですが、和らげるための対処法はあります。不安を一人で抱えずに、医療機関やサロンのスタッフに相談しましょう。理想のツルスベ肌を実現するためにも、スタッフとコミュニケーションをとり、快適な脱毛ライフを実現したいですね。

ページTOPへ