全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛前後の飲酒がダメな理由について


脱毛前後に、飲み会の予定を入れていませんか? たとえ1杯のビールであっても、油断は大敵。実は、脱毛と飲酒には深い関係があり、場合によっては肌トラブルを招いてしまうことがあります。今回は、脱毛前後の飲酒がダメな理由について詳しくお伝えします。

脱毛と飲酒の関係とは?

Young woman doing a party

脱毛をする時は、その前後に飲酒は厳禁。うっかりお酒を飲んでしまうと、せっかく脱毛サロンに行っても、施術を断られてしまう可能性があります。人によっては、飲酒量がたとえわずかでも肌トラブルを起こすことがあるため、「脱毛前後は飲まない」という意識が欠かせません。

また、飲酒量だけでなく、飲酒時間も重要なポイント。飲酒からどの程度時間が経っているかで施術可能かどうかが変わります。

脱毛サロンに予約を入れたら、その前後の飲み会は断ることが大切です。もしくは、飲み会に参加してもノンアルコールで対応するなどの工夫をしましょう。

脱毛前後はこんなことにご用心

Young woman taking memos

脱毛前後は、飲酒以外にも気をつけたいポイントがいくつかあります。注意を怠って施術をすると、トラブルを招くだけでなく、本来の脱毛効果を得られない可能性も。以下に該当することがないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

  • 施術前後12時間以内の飲酒
  • 肌が乾燥している
  • 肌にトラブルが起きている
  • 当日に薬を服用している
  • 1週間以内の予防接種
  • 生理中である
  • 妊娠・授乳中である
  • マッサージ、エステの施術を受ける
  • ムダ毛の自己処理
  • 制汗剤の使用
  • クリーム・オイルタイプの保湿剤や日焼け止めの使用

これらに該当する場合は、施術を受けられないこともあります。せっかく来店したのに施術ができないという事態を避けるためにも、注意しておきましょう。

なぜ脱毛する前に飲酒はダメなのか?

woman feel bad and touch her belly on the blue background

脱毛前後に飲酒がNGとされるのは、アルコールを摂取することにより血行がよくなるためです。血流がアップすることによって体温が上がったり、赤みやかゆみが出やすくなったりします。このように肌がデリケートな状態で脱毛を行うと、肌に負担を与えてしまい、トラブルにつながる可能性があります。

脱毛前後に飲酒をしていなくても、脱毛後に赤みやほてりなどを感じやすい方は要注意です。アルコールを摂取すると、ますます負担を感じるおそれがあります。

また、アルコールの利尿作用によって、水分量が減ってしまうのも避けたいところです。体内の水分量が減少すると肌の乾燥を引き起こします。肌が乾燥するとバリア機能が低下して刺激に過敏になりやすく、皮膚が硬くなって照射する光が毛根まで十分に届きにくくなってしまいます。

脱毛前後の飲酒はどのくらい時間を空ければ大丈夫なのか?

Make a toast with a beer.

一般的に、脱毛前後12時間以内の飲酒は控えるように推奨されているので、脱毛当日の飲酒はやめておきましょう。

施術後、とくにトラブルを感じていない場合でも、飲酒によって赤みやかゆみが発生する可能性があります。飲酒したい場合は、十分に余裕をもってから飲酒ことをおすすめします。

自己処理でも12時間は飲酒を控える

脱毛サロンではスタッフから飲酒について尋ねられるかと思いますが、自己処理の場合でもトラブルのリスクは同様にあります。

ワックスやクリームを用いたセルフケアであっても、アルコールの摂取によって体温の上昇や赤み・かゆみの発生は起こり得るもの。肌トラブルを防ぐためにも、脱毛の種類や方法を問わず、脱毛前後12時間以内の飲酒は控えましょう。

アルコールの分解速度には個人差がある

Group of people having meal togetherness dining toasting glasses

脱毛前後12時間以内の飲酒を控えたい理由についてお伝えしてきましたが、これはただ時間が経過すればいいわけでなく、アルコールの分解を完了させることが重要です。

アルコールの分解にかかる時間は、人によって大きく異なることで知られています。一般的には、飲酒後血中濃度は30分〜2時間後にピークを迎え、その後はほぼ直線的に下がります。女性の平均値は1時間に6.5g程度で、ビール中瓶1本の分解に3時間程度かかるとされています。

アルコールの分解速度は、肝臓の大きさや遺伝などの影響が大きいとされていますが、詳細は明らかになっていません。お酒に弱い人は分解速度が遅いと考えられているため、とくに注意したいですね。

もしも脱毛前後にお酒を飲んでしまったら?

Portrait of a young Asian woman

「脱毛前後の飲酒がNGと知らずに飲んでしまった」「食事の席で断りきれず飲んでしまった」などの理由で、脱毛前後に飲酒をしてしまう人も。できることなら飲酒をしないのがベストですが、飲んでしまったものは仕方ありません。お酒を飲んでしまったときは、下記のポイントをチェックしましょう。

施術部分の状態を確認する

脱毛前後に飲酒してしまった場合は、まず施術箇所に問題が起きていないか確認してみてください。赤みやかゆみ、腫れなどが起きていたら、放置せずにしっかりと対処をします。脱毛前後の肌に乾燥は大敵なので、軟膏で保湿をして肌を健やかな状態に導きましょう。軟膏を塗っても痛みやかゆみ、赤みなどが続いている場合は、施術部位を冷やして赤みを抑えましょう。

体調をチェックする

肌だけでなく、体調のチェックも忘れずに行いましょう。飲酒をした場合、施術中や施術後に吐き気やだるさを感じるケースもあるようです。体調に不安を感じる場合は、身体を休ませることを優先してください。

脱毛前後は飲酒を控えよう

young attractive asian woman who drink tea

せっかく脱毛サロンに通うなら、トラブルを起こさないように体調を整えておきたいもの。脱毛に関する注意点をチェックしておき、飲酒をしないことが何より大切です。つい飲んでしまったという場合は、トラブルに発展しないようにしっかりと肌や体調を確認しましょう。

ページTOPへ