全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

Oラインの自己処理方法まとめ!脱毛の手順や注意点について


VIOラインの自己処理は女性にとって繊細な問題です。中でも、Oラインの処理には手を焼かされがちですよね。衛生面をとっても見た目をとっても、Oラインをきれいにするメリットはたくさんあります。一方で、自己処理がしにくい部位であるのも事実です。この記事では、Oラインを正しく処理するための手順や注意点を紹介していきます。

目次
Oラインを脱毛するメリット
自己処理におすすめの方法は?
自己処理するときの正しい手順
Oラインを自己処理し続けるのは危険!?
安全に脱毛したいのならプロに任せると安心!

Oラインを脱毛するメリット

肛門のまわりで、円状に毛が生えている部位をOラインと呼びます。Oラインを脱毛するメリットとしてはまず「清潔感」が挙げられるでしょう。Oラインは下半身の体毛の中でも、汚れが付着しやすい部分です。さらに、生理時には血液がついてしまう恐れもあります。放置しておけば感染症などに発展する恐れもあるので、きれいにしておくのが得策です。
次に、ファッションの観点からも脱毛をする意味があります。Oラインに毛が目立つと、履ける下着や水着が限定されてしまいます。大きいサイズのものしか選べないので、自由にファッションを楽しめません。Oラインを脱毛することで心おきなく小さめのショーツも試せます。コンプレックスを解消できる点でも、脱毛は効果的でしょう。そのほか、ムレの防止にも脱毛は役立ちます。体毛は汗をためこみやすい性質があり、気温や湿度が高いとムレの原因になりえます。夏場は不快感の要因となってしまいます。Oラインは通気性が決してよくない箇所なので、ムレの原因を取り除くことも大切です。

自己処理におすすめの方法は?

Oラインの自己処理では、「低刺激」にこだわりましょう。Oラインはデリケートな部位であり、刺激の強い方法だと細胞が傷ついてしまいます。たとえば、手動カミソリなどは皮膚の表面も毛と一緒に削ってしまうので避けるのが得策です。また、Oラインは自分から見にくい角度にあるので、鋭い刃物を使うのも危険でしょう。Oラインの処理に向いている道具は「電気シェーバー」です。電気シェーバーはガードがついているので刃が直に皮膚へとあたることを防げます。コンパクトで取り扱いやすいのもメリットです。

ちなみに、脱毛サロンでは施術の直前に自己処理をお願いされます。体毛があると、光脱毛やレーザー脱毛の効力が薄れてしまうからです。サロン向けの自己処理においても電気シェーバーがぴったりです。電気シェーバーなら皮膚をいたわりつつ毛をきれいに剃れます。その後で光やレーザーをあててもダメージが少なく、炎症などが起こりにくいでしょう。

自己処理するときの正しい手順

Oラインを自己処理するときは、炎症や感染症にかからないよう正しい手順を踏みましょう。まず最初に「Oラインを清潔にする」ことから始めます。雑菌が入らないよう、風呂上りに行うなど細心の注意を払いましょう。次に、「体勢を整える」ようにします。もっともやりやすい格好は、鏡に向かって開脚し、お尻を手で広げることです。このポーズがとりにくいなら、鏡を下において真上にしゃがんでもいいでしょう。

それから、蒸しタオルで5分ほどOラインを温めます。Oラインの毛をやわらかくするほか、殺菌の意味もあります。十分に熱が伝わったら、いよいよ電動シェーバーを取り出しましょう。シェーバーを操作するコツは、毛の流れに沿うことです。流れの逆をいくと、毛がちぎれて炎症の原因となります。自己処理が終わったら、蒸しタオルで肌のほてりをとって冷まします。このプロセスを経ることで、肌のダメージは軽減可能です。最後に、ベビーローションなどで保湿を忘れずに行いましょう。乾燥を防ぐことで、痛みや腫れが出にくくなるからです。

Oラインを自己処理し続けるのは危険!?

自己処理そのものは家庭で行えるものの、繰り返しているうちに肌への負担が蓄積されていきます。Oラインのように敏感な部分は、余計にダメージが現われやすいので注意しましょう。たとえば、「色素沈着」のリスクが高まります。色素沈着とは、毛に含まれているメラニン色素が細胞に沈着してしまい、消えなくなる現象です。さらに、「埋没毛」にも気をつけましょう。埋没毛は自己処理の後で、皮膚の内側から毛が生えてくることです。埋没毛は痛みを招きがちで、雑菌が入って悪化するケースも珍しくありません。

そもそも、Oラインの自己処理は注意力と慣れが不可欠です。体毛の中でも特に目視しにくい場所なので、自己処理のたびに無理なポーズをとらなくてはいけません。少し手元が狂っただけで怪我をしてしまいますし、長時間体勢を維持しているだけでもひと苦労です。それに、自己処理のときにとっている姿勢には屈辱感もともないます。衛生面など、処理の大切さを知っていても進んでOライン処理を行いたくない人もいるでしょう。

安全に脱毛したいのならプロに任せると安心!

Oラインの自己処理には少なからずリスクもつきまといます。安全に処理をするなら、脱毛サロンも検討してみましょう。脱毛サロンであれば、専門家が安全に配慮しつつ施術を進めてくれます。また、脱毛が完了すれば効果は持続するので、たびたび自己処理をする手間も省けます。脱毛に関する悩みや疑問に答えてくれるのもメリットです。

ページTOPへ